浴室

工法の違いがある浴室リフォーム

浴室リフォームには大きく分け二つの種類があります。一つはユニットバス(システムバス)でのリフォーム。これはメーカーが製造した商品を組み立てて工事します。もう一つは在来工法と呼ばれる工事方法です。これは個別の部材はメーカー品を使うものの、職人さんが手作りで仕上げるリフォームです。つまり、工業生産品であるユニットバスと、職人さんが手で仕上げる工事という大きな違いがあります。それを知っておいて下さい。
ユニットバスというのはメーカーの生産した商品ですから、数に限りがあります。オプションと組み合わせで個性を発揮できますが、如何せん組み合わせの妙です。しかも規格品ですから、寸法にも限りがあります。どんなに広いスペースがあっても、メーカー所定の最大寸法の浴室しか作れません。ユニットバスは在来工法と違って乾式工法とも呼ばれます。樹脂や金属でできた部材を組み合わせて作るので、実際は一日で工事ができてしまいます。時間が短いのは最大の特徴です。
一方で、在来工法は手作りですから、希望の浴室がオリジナルで作ることができます。金額の制約がありますが、なんでもできるのが在来工法です。乾式工法のユニットバスと違いって、在来工法は湿式工法と呼ばれます。左官工事という水を使ってモルタルで仕上げていくからです。つまり乾かすのに時間がかかります。ユニットバス工法との大きな違いです。二つの大きな種類を知っておいて下さい。

浴室リフォームはどのような時に行うか

浴室リフォームはどのようなタイミングで行っていくべきか分からないという人は多いでしょう。やはり浴室というのは毎日使うものであり、生活していくうえで大事な場所であると言えるでしょう。だから、浴室というのは生活の一部であると言っても過言ではありません。では浴室はどのようなタイミングでリフォームを行っていくのが…

マンションの浴室リフォームにはご注意を

マンションの浴室リフォームを検討する場合に留意して欲しい事があります。それは、マンションのリフォーム専門業者を選んで頂くという事です。住宅のリフォーム業者は世の中に多数存在しています。かなり過当競争な業界です。なので、お話しがあるととにかく受注しようとやっきになるでしょう。住宅のリフォームと一口に言っても…

TOP